夏の植物観察日記

夏の花「キョウチクトウ」が今年も咲いています

キョウチクトウ

夏もいよいよ本格的??なのか終わりに近づいているのかわかりませんが、やっぱりまだまだ暑い・・・
夏はあまり花が咲かないのでちょっと寂しい・・そんな中でもたくましく花を咲かせる植物たちがいます。なんか以前のブログで夏はムクゲかサルスベリくらいしか咲かないって書きましたが、よくよく見るとまだ咲いている植物たちがいましたね。彼らを忘れていた・・・・・

中央分離帯に植えられたキョウチクトウ
中央分離帯に植えられたキョウチクトウ

うちから最寄り駅に行くための道の真ん中にある中央分離帯には様々な植物が植えらえれていますが、この季節の主役「キョウチクトウ」が今年もしっかり咲いていました。上の写真で白やピンクの花がポツポツ咲いている植物が「キョウチクトウ」です。

ちょっと見頃は過ぎている・・・・
ちょっと見頃は過ぎている・・・・
もう枯れ始めてますね・・・
ちょっと写真撮りに来るのが遅かった・・・

ちなみにキョウチクトウは毒があるので、口にしてはいけないそうです・・・・まあ誰も街路樹食べようとは思わないでしょうが・・・。

タカサゴユリ

すっかり忘れてましたが、百合も夏に咲きますね。今の職場近くにも咲いてました。

タカサゴユリ
タカサゴユリ

このユリ「タカサゴユリ」って言うんですね〜。家の近くにもよく咲いていて、街路樹?としては一番目にする機会が多いですね。

ポツポツ咲いてる・・・・
ポツポツ咲いてる・・・・

林とか緑が茂っている場所に行くと、さらに立派な百合も咲いてますが・・
もう少ししたら彼岸花も咲きそうですね。9月の後半辺りから咲き始める感じでしょうか。彼岸花が咲き始めると、いよいよ秋が本格的に近づいてくる印象があります。早く咲かないかな〜

コメントを残す