伊藤麩(いとうふ)の英字パンフレットを制作しました。

 

Sirha(シラ)国際外食産業見本市

少し前(今年の始め頃)の話ですが、「伊藤麩(いとうふ)」という京都にあるお麩の会社の英語版パンフレットを作成しました。

あまり詳しくないのですが「Sirha(シラ)国際外食産業見本市」という美食の街フランス・リヨンで行われる”食”のイベントがあるそうなのですが、そこに出店する際に使用するためのパンフレットです。世界中から食のプロの人たちが集まるらしく、結構大きなイベントみたいです。まあイベント自体 自分には全く関係ないのですが・・笑

シラ国際外食産業見本市2019

シラ国際外食産業見本市 2019
シラ国際外食産業見本市 2019

ひとつ前の職場で同じ部署で一緒にアルバイトしていたHさんが開いてくれたワードプレス勉強会に参加したときに知り合った人が伊藤麩(いとうふ)のIさんで、今度のイベントで伊藤麩を紹介したいからパンフレットを作成して欲しいとのことで、仕事をいただきました。上の写真はIさんからいただいた実際のイベント本番の様子です。

すでに日本国内で販売している生麩を海外にも広めようという試みのようです。
パンフレットに記載したURLからやはり英語版のホームページに誘導したいとのことで、ホームページは別の人が担当しています。

伊藤麩の英語版ホームページはこちら

生麩(なまふ)ってなに??

生麩

お麩(おふ)と言えば、あのスナック菓子みたいに乾燥していて、味噌汁なんかに入れるもの・・とう認識しかありませんでしたが、なんと生のお麩があるそうです。自分が認識していたお麩は「焼き麩」というんですって・・・(知らないの自分だけかもしれませんが・・)

お麩は小麦と水を混ぜ合わせて作られる「グルテン」という素材から作るんだそうです。
Iさんからサンプルをひとついただいて試食させてもらいましたが、”ういろう”(?)みたいな食感かな〜
でもういろうみたいに甘くはなくやっぱりお麩の味でした。まあお麩自体に味ってそんなにないのですが、だからこそ他の食材と組み合わせて使うと面白い食材かもしれないですね。僕は勝手に「生麩抹茶パフェ」を提案しました。

伊藤麩のホームページはこちら

デザイン打ち合わせと制作過程

大手町 OOTEMORI オーテモリビル プロント
大手町 OOTEMORI オーテモリビル プロント

昨年2018年末に大手町『OOTEMORI オーテモリビル』内にあるプロントで打ち合わせしてきました。前の職場の近くですね〜 仕事かえりに行ってきました。イベント用のパンフレットで載せる内容も事前にざっくり聞いていたので、まあA4かA5サイズの二つ折りリーフレットみたいな感じかなと思っていましたが、そんな期待は見事に打ち砕かれ”クロス16ページ折”という若干複雑な構成のパンフレットとなるようです。

Iさんにこういう風にしたいという見本のパンフレットを見せてもらい、内容はたくさん載せたいから見開くとA3サイズにして、持って帰りやすいように小さく折りたためる構成がいいとのこと。

なるほど、こういう感じか〜。ということで、打ち合わせ後さっそくレイアウト・構成を考えながら製作してみました。
詰めて作成したのは大体1日〜2日くらいですかね。そのあとは修正のやりとりです。

伊藤麩 英語パンフレット お麩について

表紙から最初に開いたページに「お麩の紹介」を入れました。
英語なのでなんて書いているかは分かりません・・・

伊藤麩 英語パンフレット レシピページ

さらに開くと「レシピ」ページ。お麩を使って実際こんな料理を作れますという紹介ページです。
ピンチョスやお吸い物、フランス料理のアミューズ・オードブルなど提案しています。

伊藤麩 英語パンフレット お麩の商品ページ

全部開いたページ。細かい商品の説明(生麩・焼麩・麩スナックなど)と伊藤麩の歴史などレイアウトしています。
本当は一番見せたいページなので前に持ってきたいのですが、パンフレットの構成上、
開いて行って一番最後のページに掲載となりました。

伊藤麩 英語パンフレット背表紙

裏面に問い合わせとインフォメーション、QRコードなど記載されています。

パンフレット完成 イベント本番の写真

印刷会社からパンフレットが無事納品されて完成です。
後日イベント会場から伊藤麩ブースの写真をIさんが送ってくれました。日本だと幕張メッセやビッグサイトでやるような規模のイベントっぽいですね。試食にたくさん人が集まってきたとIさんから聞きました。その後 連絡ないですが(笑)、集客はうまく行ったのでしょうか??
また機会があれば関わりたいと思います。

↓↓↓「シラ国際外食産業見本市 2019」当日の様子

シラ国際外食産業見本市 2019

シラ国際外食産業見本市 2019

シラ国際外食産業見本市 2019

コメントを残す